• ホーム
  • ホームページ充実度ランキング

ホームページ充実度ランキング

全上場企業のホームページ充実度を評価し、ランキングを毎年公表しています。

2016年度の調査について

2015年6月に導入されたコーポレートガバナンス・コードでは、個人・機関・外国人等の投資家をはじめ、顧客・取引先・従業員・地域社会等のステークホルダーに至る幅広い層を対象に、企業価値向上を目的とした積極的な情報提供と中長期方針やプロセスへの理解を得る努力が謳われました。そのステークホルダーとの対話の手段としてホームページの重要性は益々高まっており、拡大するモバイル環境への対応と併せて、自社ホームページの充実を戦略的に取り組む企業が増えています。

日興アイ・アールでは、このたび「2016年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」を行いました。本調査で使用する評価項目は、日興アイ・アールが独自の視点で設定し、毎年見直しを行っています。ランキング結果は、株式会社日本経済新聞社のコーポレート・ガバナンス評価システム(NEEDS-Cges)の「情報開示・ウェブの充実度」項目における判断指標のひとつに採用されています。
「総合ランキング」「業種別ランキング」「新興市場ランキング」、「比較診断レポート&表彰ロゴのお申し込み」については下のタブをクリックしてください。

カプコンが前回2位から初の1位に

本年度の全上場企業総合ランキングでは、カプコンが前回の2位から初の1位となりました。
今回の調査では昨年のコーポレートガバナンス・コード導入に伴い、ガバナンス関連の項目を中心に急速に対応が進んでいます。ガバナンス関連項目の対応が充実している企業は、コーポレートガバナンス報告書の内容をHTML化して開示していることが多く、情報量の多い報告書の内容を、できる限り分かりやすく、整理して、掲載するよう努力をする姿勢が見えます。

順位 証券コード/企業名 総合ポイント 分かりやすさ 使いやすさ 情報の多さ ウェブ
1
前年(2)
証券コード:9697
カプコン
96.2 91.2 100.4 96.9 企業サイト
2
前年(14)
証券コード:6502
東芝
95.8 93.2 100.4 93.7 企業サイト
3
前年(1)
証券コード:6701
日本電気
94.5 95.2 94.7 93.7 企業サイト
4
前年(17)
証券コード:8001
伊藤忠商事
93.2 93.2 94.7 91.8 企業サイト
5
前年(142)
証券コード:7272
ヤマハ発動機
92.6 91.2 98.5 88.0 企業サイト
6
前年(5)
証券コード:9433
KDDI
91.7 89.2 98.5 87.4 企業サイト
7
前年(4)
証券コード:6762
TDK
90.9 91.2 90.8 90.5 企業サイト
8
前年(6)
証券コード:5741
UACJ
90.6 89.2 94.7 88.0 企業サイト
9
前年(3)
証券コード:9984
ソフトバンクグループ
89.9 83.2 92.8 93.7 企業サイト
10
前年(42)
証券コード:8933
エヌ・ティ・ティ都市開発
89.8 89.2 92.8 87.4 企業サイト

続きを見たい方はここをクリック閉じる

  前年
順位
証券コード 企業名 総合ポイント 分かりやすさ 使いやすさ 情報の多さ ウェブ
11 (12) 8411 みずほフィナンシャルグループ 89.6 89.2 88.9 90.5 企業サイト
12 (28) 3738 ティーガイア 88.9 89.2 88.9 88.6 企業サイト
13 (15) 8566 リコーリース 88.1 89.2 90.8 84.2 企業サイト
14 (23) 8953 日本リテールファンド投資法人 87.4 87.2 83.2 91.8 企業サイト
15 (11) 2767 フィールズ 87.0 85.2 90.8 84.8 企業サイト
15 (71) 2768 双日 87.0 85.2 87.0 88.6 企業サイト
17 (7) 4902 コニカミノルタ 86.7 83.2 85.1 91.8 企業サイト
18 (8) 9437 NTTドコモ 86.6 89.2 79.4 91.2 企業サイト
19 (36) 9432 日本電信電話 86.5 87.2 77.4 95.0 企業サイト
20 (36) 4516 日本新薬 86.4 89.2 87.0 82.9 企業サイト

選出された企業様へ

今回選出された企業様は、以下よりお申し込みいただくことで、ホームページ掲載用の表彰ロゴを有償にて使用できます。

自社のホームページの評価を知りたい企業様へ

日興アイ・アールでは、企業様のホームページ(ウェブサイト)の比較診断を承っています。また、診断結果に基づくコンサルティングから改善までを一貫して行うサービスも提供しています。

調査の目的

この調査は、全上場企業のホームページ(ウェブサイト)に関する情報開示の充実度を調査するとともに、企業の情報開示に関する意識を醸成することを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。調査するホームページの評価項目は、当社が独自の視点で設定し、毎年見直しを行っています。
また、各企業のホームページは本調査期間以降に変更されている場合があります。

対象企業
全上場企業 3,688社
7月1日時点での上場企業・REIT
ただし、9月末時点で上場廃止の企業および東証外国株市場上場企業を除く
調査対象
各企業のコーポレートサイト全体(商用サイトを除く)
調査期間
7月~9月
評価項目
「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3視点で178の客観的な評価項目を偏差値化
(デザインに関する調査項目は含んでいません)
ランキング
総合ランキング、業種別ランキング、新興市場ランキング
業界 証券コード/企業名 総合ポイント 分かりやすさ 使いやすさ 情報の多さ ウェブ
情報・通信業 証券コード:9697
カプコン
96.2 91.2 100.4 96.9 企業サイト
電気機器 証券コード:6502
東芝
95.8 93.2 100.4 93.7 企業サイト
卸売業 証券コード:8001
伊藤忠商事
93.2 93.2 94.7 91.8 企業サイト
輸送用機器 証券コード:7272
ヤマハ発動機
92.6 91.2 98.5 88.0 企業サイト
非鉄金属 証券コード:5741
UACJ
90.6 89.2 94.7 88.0 企業サイト
不動産業 証券コード:8933
エヌ・ティ・ティ都市開発
89.8 89.2 92.8 87.4 企業サイト
銀行業 証券コード:8411
みずほフィナンシャルグループ
89.6 89.2 88.9 90.5 企業サイト
その他金融業 証券コード:8566
リコーリース
88.1 89.2 90.8 84.2 企業サイト
REIT 証券コード:8953
日本リテールファンド投資法人
87.4 87.2 83.2 91.8 企業サイト
医薬品 証券コード:4516
日本新薬
86.4 89.2 87.0 82.9 企業サイト
精密機器 証券コード:7732
トプコン
86.3 85.2 88.9 84.8 企業サイト
食料品 証券コード:2503
キリンホールディングス
85.9 83.2 92.8 81.6 企業サイト
保険業 証券コード:8766
東京海上ホールディングス
85.9 85.2 83.2 89.3 企業サイト
機械 証券コード:7011
三菱重工業
85.5 87.2 83.2 86.1 企業サイト
鉱業 証券コード:1605
国際石油開発帝石
83.9 81.2 85.1 85.5 企業サイト
その他製品 証券コード:7966
リンテック
81.8 79.2 85.1 81.0 企業サイト
海運業 証券コード:9101
日本郵船
81.8 79.2 79.4 86.7 企業サイト
サービス業 証券コード:4751
サイバーエージェント
80.9 79.2 85.1 78.5 企業サイト
水産・農林業 証券コード:1332
日本水産
78.8 83.2 77.4 75.9 企業サイト
電気・ガス業 証券コード:9501
東京電力ホールディングス
77.5 75.2 79.4 77.8 企業サイト
小売業 証券コード:7606
ユナイテッドアローズ
77.1 79.2 79.4 72.7 企業サイト
空運業 証券コード:9202
ANAホールディングス
76.8 77.2 73.6 79.7 企業サイト
石油・石炭製品 証券コード:5019
出光興産
75.2 79.2 71.7 74.6 企業サイト
鉄鋼 証券コード:5456
朝日工業
75.2 79.2 77.4 68.9 企業サイト
繊維製品 証券コード:3002
グンゼ
74.9 73.2 79.4 72.1 企業サイト
陸運業 証券コード:9005
東京急行電鉄
74.8 85.2 65.9 73.4 企業サイト
化学 証券コード:4901
富士フイルムホールディングス
72.7 73.2 71.7 73.4 企業サイト
ガラス・土石製品 証券コード:5202
日本板硝子
71.0 71.2 60.2 81.6 企業サイト
建設業 証券コード:1982
日比谷総合設備
70.2 73.2 67.9 69.5 企業サイト
証券・商品先物取引業 証券コード:8604
野村ホールディングス
69.9 71.2 64.0 74.6 企業サイト
パルプ・紙 証券コード:3863
日本製紙
69.2 61.2 73.6 72.7 企業サイト
金属製品 証券コード:5938
LIXILグループ
68.8 65.2 64.0 77.2 企業サイト
倉庫・運輸関連業 証券コード:9370
郵船ロジスティクス
68.8 67.2 73.6 65.7 企業サイト
ゴム製品 証券コード:5108
ブリヂストン
68.4 65.2 67.9 72.1 企業サイト
  • 業種分類は東証33業種とREITとなります。

選出された企業様へ

今回選出された企業様は、以下よりお申し込みいただくことで、ホームページ掲載用の表彰ロゴを有償にて使用できます。

自社のホームページの評価を知りたい企業様へ

日興アイ・アールでは、企業様のホームページ(ウェブサイト)の比較診断を承っています。また、診断結果に基づくコンサルティングから改善までを一貫して行うサービスも提供しています。

調査の目的

この調査は、全上場企業のホームページ(ウェブサイト)に関する情報開示の充実度を調査するとともに、企業の情報開示に関する意識を醸成することを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。調査するホームページの評価項目は、当社が独自の視点で設定し、毎年見直しを行っています。
また、各企業のホームページは本調査期間以降に変更されている場合があります。

対象企業
全上場企業 3,688社
7月1日時点での上場企業・REIT
ただし、9月末時点で上場廃止の企業および東証外国株市場上場企業を除く
調査対象
各企業のコーポレートサイト全体(商用サイトを除く)
調査期間
7月~9月
評価項目
「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3視点で178の客観的な評価項目を偏差値化
(デザインに関する調査項目は含んでいません)
ランキング
総合ランキング、業種別ランキング、新興市場ランキング
順位 証券コード/企業名 総合ポイント 分かりやすさ 使いやすさ 情報の多さ ウェブ
1
前年(1)
証券コード:2163
アルトナー
79.2 91.2 77.4 68.9 企業サイト
2
前年(2)
証券コード:2178
トライステージ
76.7 69.2 83.2 77.8 企業サイト
3
前年(8)
証券コード:5456
朝日工業
75.2 79.2 77.4 68.9 企業サイト
4
前年(3)
証券コード:6267
ゼネラルパッカー
74.8 81.2 71.7 71.5 企業サイト
5
前年(7)
証券コード:4293
セプテーニ・ホールディングス
71.3 73.2 77.4 63.2 企業サイト
  • 新興市場は東証マザーズ、JASDAQ、札証アンビシャス、名証セントレックス、福証 Q-Board となります。

選出された企業様へ

今回選出された企業様は、以下よりお申し込みいただくことで、ホームページ掲載用の表彰ロゴを有償にて使用できます。

自社のホームページの評価を知りたい企業様へ

日興アイ・アールでは、企業様のホームページ(ウェブサイト)の比較診断を承っています。また、診断結果に基づくコンサルティングから改善までを一貫して行うサービスも提供しています。

調査の目的

この調査は、全上場企業のホームページ(ウェブサイト)に関する情報開示の充実度を調査するとともに、企業の情報開示に関する意識を醸成することを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。調査するホームページの評価項目は、当社が独自の視点で設定し、毎年見直しを行っています。
また、各企業のホームページは本調査期間以降に変更されている場合があります。

対象企業
全上場企業 3,688社
7月1日時点での上場企業・REIT
ただし、9月末時点で上場廃止の企業および東証外国株市場上場企業を除く
調査対象
各企業のコーポレートサイト全体(商用サイトを除く)
調査期間
7月~9月
評価項目
「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3視点で178の客観的な評価項目を偏差値化
(デザインに関する調査項目は含んでいません)
ランキング
総合ランキング、業種別ランキング、新興市場ランキング

「ホームページ比較診断レポート」のお申し込み

2016年度の調査結果を踏まえた「ホームページ比較診断レポート」を、ご希望の企業様に有償にてご提供します。情報開示手法の改善に向けてホームページ(企業ウェブサイト)などの見直しを検討されている企業様には必見の内容となっておりますので、お早めにお申し込みください。

料金 診断レポート:10万円(消費税等別)
内容
  • (1)お申し込み企業様ホームページ(ウェブサイト)の評価結果 (全上場企業におけるお申し込み企業様の総合・業種別ランキング結果および各視点別得点など)
  • (2)評価項目に基づく他社との比較診断 (お申し込み企業様が任意の5社を選択することができます)
  • (3)上記のホームページ(ウェブサイト)評価調査における評価項目の実施状況 (時価総額別、業種別の評価項目実施率など)
  • (4)上場企業全体におけるホームページの動向 (情報の掲載状況分析、市場別傾向分析、業種別傾向分析など)
特典 昨年度版の比較診断レポートを、今年度版と合わせてご注文いただきますと、昨年度版は半額の5万円(消費税等別)で承ります。リニューアルの実施状況など、お申し込み企業様ホームページ(ウェブサイト)の昨年と比較しての動向を調査する際にご利用ください。

表彰ロゴのお申し込み

今回の調査結果における上位企業様に、「表彰ロゴ」を有償にてご提供します。
ホームページ(企業ウェブサイト)、事業報告書(株主通信)などにご利用ください(英語版もお申し込み可能です)。

  • ホームページ 掲載例

  • 株主通信 ロゴ掲載例

総合ランキング

最優秀サイト

総合ポイント70以上

1ロゴ:10万円(税別)

優秀サイト

総合ポイント65以上70未満

1ロゴ:7万円(税別)

優良サイト

総合ポイント60以上65未満

1ロゴ:5万円(税別)

  • ※上記表彰ロゴの日本語版と英語版を合わせてお申し込みいただいた場合、英語版は半額とさせていただきます。

業種別ランキング

最優秀サイト

業種別ランキング1

1ロゴ:10万円(税別)

優秀サイト

業種別ランキング2位~5

1ロゴ:7万円(税別)

新興市場ランキング

最優秀サイト

新興市場ランキング1位~20

1ロゴ:10万円(税別)

優秀サイト

新興市場ランキング21位~50

1ロゴ:7万円(税別)

優良サイト

新興市場ランキング51位~100

1ロゴ:5万円(税別)

  • ※上記表彰ロゴの日本語版と英語版を合わせてお申し込みいただいた場合、英語版は半額とさせていただきます。

自社のホームページの評価を向上したい企業様へ

日興アイ・アールでは、企業様を対象とする「ホームページ改善サービス」を提供しています。
コンサルティング業務や「ホームページ充実度ランキング調査」の実施経験に基づく知見・ノウハウを活かし、 「もっと充実したサイトにしたい」「評価の高い他社と比べて何が違うのかを知りたい」といったお客様のご要望・課題を踏まえて、ホームページ(ウェブサイト)改善への道筋を明確にする、当社ならではのサービスです。

ホームページ改善サービスとは?

  • アナリスト・機関投資家向けサービス IR説明会.com
  • 2016年度ホームページ充実度ランキング 「比較診断レポート」事前予約受付中
  • IR動画配信サービス IR説明会の動画配信をご覧いただけます
  • 日興アイ・アール Lab ラボ